読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もてないアラサー女が婚活して1年以内に結婚した話

全然もてないわけではないけれど、逃げられふられ誰にも選ばれなかった20代後半未婚女子が、婚活パーティー、婚活サイト、お見合い色々駆使して幸せな結婚をした経験をブログにしました!

【婚活パーティー☆静岡】エヴァでの出会い リアル体験談 その後その2 婚活は3回のデートで見極めるべし

婚活あれこれ

婚活パーティーの大手老舗として静岡県内でも、静岡・浜松・沼津で開催されている人気のエヴァ

まじめに真剣に婚活をしているアラサーもてない代表の私は、グランシップで開催されているパーティーに参加し、ある男性と出会いがありました。

 

mayuty.hatenablog.com

その男性と第1回目のデートを終え、和彦さんから次のお誘いもいただきました‼

 

なんせ、外面だけは誰にも負けない持ち主の私。

普段は、ズボラ、面倒くさがり、がははと笑っている私でも、1歩外に出れば、ニコニコ、相手を最低限は思いやれるし、比較的誰とでも楽しく会話することができている方だと思います、たぶん。

 

しかし進展しない関係性

2回目のデートも終わり、3回目、4回目、5回目とありがたいことに和彦さんから何度も誘ってもらえ、デートに行きました。メールも毎日きました。

 

その間、2か月以上。

 

毎回、いつも通り優しく、ケーキ屋さんが好きだと言えば出張先の有名なケーキ屋さんのクッキーを買ってきてくる心遣いがあるし、レディファースト。不快なことは一切ありません。

 

デートの内容は、箱根に日帰り旅行に行ったり、海を見にドライブに行ったり、手を触れられることもなく健全デートです。あっ、箱根で雪が積もっていたのでつるっと滑って支えてもらったというボディタッチがありました…(笑)

 

でも、

その間、特に次のステップにいく気配がない…‼

私の気持ちも1回目と変わらず、良い人だなぁという認識。ただ、何の進展もないデートに、徐々に自分の気持ちが盛り下がってきているのを感じました。

f:id:mayuty:20170314232817j:plain

何も起こらないドキドキしないデートやメールに飽きてしまったのです…。

なんなんだろう…。これになんの意味があるんだろうと思うようになってしまいました。(ひどい!何様って感じですよね。でも、これがそのときの私の気持ちです。)

 

そして、好き‼と強く思っていない相手に対し、「私のことどう思っていますか?」なんてことは聞けず、そのまま、忙しいことを理由にフェイドアウトする形になってしまいました。

最悪ですね、私。

 

よく婚活デートは3回目での告白がカギ、3回目で何らかの決断をすると良いと聞きます。(私のたまたま行った結婚相談所の営業さんにも言われました。)

 

なにが、恋愛への発展を妨げたのでしょうか?考えられること3つ。

 

f:id:mayuty:20170314233000j:plain

・自分をさらけ出さなかった。

穏やかなデートで表面的にはパーフェクトでした。けれど、ただそれだけで相手のことを深く知らなかったし、私も当たり障りない接し方をし、隙を見せませんでした。だからお互い相手の魅力に触れられなかったのではと思います。

 

・結婚を意識した会話をしなかった

ただただ普通のデートを繰り返すだけで、結婚したらどんな感じが良いかなどの話をしませんでした。なので、お互いこれから進展していくイメージができなかったのかなと思いました。

 

・3回目で何らかのアクションを起こさなかった

思えば、3回目の段階で今後どうしますか?とお互いの意識を確認しておけば良かったと思いました。 「好きになれなかった。」と言われれば「ありがとう。」で終われたし、「まだじっくり知ってから。」と言われれば、もう少し待てました。「付き合いたい。」と言われれば、付き合っていたと思います。

 

ずるずると続けたせいで恋人に発展するかも!という期間を逃し、ただの友達や知り合いの1人になってしまいました。

 

和彦さんが、他の女性と同時並行だったのか、私のことをいまいち好きになれなかったのか、もっとゆっくり見極めたかったのか、若しくはもう付き合っているつもりだったのか、今となってはわかりません。

でも、もっと早く決断や決定的な何かがあれば、発展したかもしれないし、後味悪く終わらなかったかもしれません。婚活って難しいぜ!